保育士の求人について

main-img

保育士は大変人気の職業でありながら、平均勤続年数が多い仕事ではありません。


そのため、求人は常に出ているわけですが、保育士の勤続年数が少ない理由はいくつかあります。

まず、給料が安いことです。
介護職と同様、こういった福祉にかかわる仕事については、日本では給料が上がらない傾向にありました。


しかし、そのことが保育士の就業意欲を損ねているとようやく気が付いた政府が給料アップに取り組み始めました。
一旦就職したけども、結婚などを機に辞めてしまった人や、今から目指そうとしている人、給料が低いからという理由で辞めるということはこれからは必要なくなっていくことでしょう。
人材不足に悩む保育園もこれからもどんどん求人を出していくはずです。待機児童の問題が言われているとおり、保育園自体の数も全国的に全く足りておりません。
これからは政治家の公約案件に、保育園の増設が必ず入ってくることでしょう。


これは保育士になりたいと思っている方にとっては朗報です。


保育園の数を増やすということは、当然ながら、そこで働く保育士も必要人数の採用をしなければなりません。



つまり、今でも求人は絶えず出ておりますが、これからはもっと求人が出るということです。

しかも、保育園間の人材獲得競争になるでしょうから、待遇面でも今よりもっと改善されていくはずです。



きつい仕事のわりに給料が低いという代表だったこの仕事が、今後はそういったイメージが払しょくされていくことでしょう。

真剣に保育士の就職をしたいと言う願いにお答えするサイトです。

知りたい情報

subpage1

保育士さんが別の保育園に転職したいという時、公共職業安定所を利用するケースが非常に多いです。もちろん、公共職業安定所などでも保育園の求人情報を見つけることは可能ですし、スピーディーに転職を実現させることも可能となっています。...

more

驚く情報

subpage2

保育園で働くには、保育士の資格を取得する事が絶対条件です。そのため、専門の養成学校に入学してそこで保育に関する専門知識を学ぶか、国家試験を受験して合格するか、といった形で資格を得る必要があります。...

more

みんなの常識

subpage3

保育士が就職活動を始めるにあたって、新卒であるか中途採用であるかは大きな違いがあります。その違いを知らずに同じように就職活動をすると、特に中途採用の場合はマイナスに働いてしまうことがありますので注意が必要です。...

more

納得の真実

subpage4

保育士の試験はかつては年に1回でしたが、28年度から年に2回になりました。保育士の試験は筆記と実技に分かれます。...

more